バンコク ワットトライミット の黄金の像 と 川

アジア

バンコク ワットトライミット の黄金の像 と 川

ご存知でしたか?

高さ3メートル 重さ5,5トン 真の黄金で作られた仏像が
祭られたチャイナタウンの有名寺 ワット・トライミットワットトライミットは1238年に建立され、以前は何の変哲も無い普通のお寺でした。中華街に位置するためタイの華僑の人々が好んでお参りする程度で極普通のお寺だったのでしょう。しかし現在では沢山の参拝客が連日訪れる有名なお寺になりました。それにはこのような理由があります。
1953年、市内の廃寺取り壊しが決定し、その境内には仏像が放置されていました。全身漆喰が塗られ所々それも剥がれ落ち、顔も歪みあまりに粗末な姿だったので、誰もこの仏像には見向きもしませんでした。
この仏像ををクレーン運び出そうとしたところ、見た目とは異なる異常な重さでクレーンが故障、作業は翌日へと持ち越され仏像は野外に放置されました。するとその夜は嵐となり一晩中雨と風が吹き荒れ、翌日作業を再開するために作業員が仏像に近づいて見ると剥がれた漆喰の隙間から黄金の光が漏れていました。
後の調査によるとこの仏像は700年~800年前のスコータイ時代に製作され、当時略奪の限りを尽くしていたビルマ軍から逃れるため、全身に漆喰を塗り普通の仏像であるかのようにカモフラージュされていたとのことです。純度は60%の金で出来ており、高さ3メートル、重さ約5,5トン、時価推定120億円の価値があるとのことです。
その黄金の輝きに包まれた仏像を拝んでみませんか。

出典 http://www.cool-bangkok.com

ワット・トライミット

順番に列を作っての参拝でした。

雨のあとで会談などが濡れていました。

黄金仏を見るためには建物の中に入ら開ければならず、
その時は、靴を脱がなければなりませんでした。

靴置き場がありましたが、
そこに入れて帰りに履くか、

ビニール袋などに入れて
持ち歩いて、万全の体制で、
靴が入れ違ったりしないようにという
事を考えての行動の方もいらっしゃいました。

なるほど~
靴が間違えられたら
ちょっと嫌だなあと思いましたが、
靴入れにおいていき、
ちゃんと帰りに靴があったので、


ホッとしました。

黄金仏と天井

本当に大勢の方が参拝されていて、渋滞という感じで、参拝させていただきました。

こんなに、キラキラ輝いているのは、金閣寺のイメージです。

60%が金でできているというのは驚きですね。
普通はメッキかな?と思いますよね。

上記の引用のところに記されていますように
スコータイ時代の昔からのありがたい仏像だったのですね。
だからこんなに
参拝者が訪れるのでしょうね。

ありがとうございます。
という気持ちで、
ありがたかったです。

川から観光をしました!途中で、パンが配られお魚の餌に・・・

川から観光

下の写真で、お魚がはねているのはわかりますね♬

川面に魚がパンの争奪戦

船が近づいてエンジンを止めて
そうするともうお魚さんたちは、
わかってるんですね。

餌をまいてくれるって。

怖いくらいに大きなお口が開いていたですね。
ただ川の水は、透明ではないので、
波と川面が動くことで、集まってきたのがわかるというわけです。

船から降りてわたしたちも食事に

船から降りてわたしたちも
食事に行きました~。


予想通り中華料理でした~。

おみやげは何にしようかな~

そんなことを考えながら、街を歩いていました。

タイは、タイバーツです。

だいたい、3倍すれば日本円という感じで大丈夫です。
どれくらい両替をするといいか迷うところですが。

お土産屋さんは、
路地のものでなければ

たいていクレジットカード使えました。

タイマッサージもこのあと連れて行ってもらいましたが、
さすがに、日本人はお得意さんのようで、
日本円でも支払いが出来ました。

お店によりますね。
そこはケースバイケースで、
保証はできませんのであしからず。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

月別アーカイブ