快適なバス空間 最新リボーンって どんなバス?

高速バス

快適なバス空間 最新リボーンって どんなバス?

willer高速バスリボーンにのってみた

3列シートのリボーンに
初めて乗ってみた。

高級感があっったのと
カーテンで
仕切られはしないものの

個人空間があり
満足できた。

リクライニング最大傾斜度は156度

シート幅は
座面:59cm
シェル内:60.6cm

フットレスト

フットレスト

があり快適です。
白くて清潔感があり、

コンセント有でしたが、
リクライニングしたら
寝てしまいました。

前の茶色いところは机のように開きます。

写真がありませんので、よくわからないですね。

足はフットリフトに乗せて、
伸ばすと
この写真の前にある
足が入れられるところに伸ばすと
身長158cmの私は、

足を縮めることなく
休むことができました。

網棚に
ブランケットがあるので、
それをかけて、
眠りました。

リクライニングは電動で、リモコンで操作

電動のリモコンで、
リクライニングを動かし、

156度まで、倒すことが可能だったため。
本当にゆったりと眠れました。

名古屋東京間で
9800円だったので、
なかなか高いバスでしたが

新幹線とはまた違った体験が出来ました。

リモコン

倒すときに
レバーでもでもなく
リモコンだったので、静かに倒れ、
ちょっと気持ちよすぎて、

スマホを触る前に
もう眠りに落ちていました。

飛行機のエグゼクティブのちょっと狭いバージョン
だと思っていただければいいかな?

と思います。
エグゼクティブは周りの空間がありますものね。
空が囲まれているので、
景色を見るとかそういう感じではないですね。

でも、男性の方が多かったのは、
足が伸ばせるからだと思いました。

これだったら、新幹線で、3時間以上乗るよりも楽ちんだと思います。
名古屋から福岡へ新幹線で、
行ったときには、首が痛くなりましたので。

高速路線バスで営業開始 ウィラーが国交省の規制強化受け

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ