ユネスコ無形文化遺産犬山祭って?

旅行

ユネスコ無形文化遺産犬山祭って?

ユネスコ無形文化遺産に2016年12月に認定

1635年から
愛知県犬山市の
針綱神社の祭礼として

始まりました。

針綱神社は
安産のお参りで有名です。


国の重要無形文化財にも
指定されています。

今年は、4月1日【試楽祭】
    2日【本楽祭】と

新年度の始まりと重なりました。

子どもたちの犬山祭

この写真は、

名鉄犬山線の犬山駅の
東口ロータリーに
止まっている
車山です

お昼の山車

我が家の息子たちは、
小学生の時は

犬山祭で、一日中
屋台などで、食べ歩いて・・・

輪投げなど・・・
あとは夕方は・・・・

とお友達と
一日中
朝から晩まで、
お祭りに
行ってました。


夜は屋台で、
光る何かが売ってましたね。
毎年違うものを買ってきてた
気がします~。


次男は、
ゲソ【イカの足】が好きで
お店の人に覚えられて、


犬山祭の2日目【本楽祭】の
終わりそうなときに

『僕、このゲソあげるよ。』
といってもらえた!!


と言って喜んでた時がありましたね。


子どもたちにとっては、
夢のような楽しい時間
だったんですね~。

13の車山のすべてにからくり人形が装備されているのはすごい!!

犬山の本町を練り歩く
13の山車

本町の角で、
山の向きを
90度にかえなければ
ならない

【どんでん】

車山を持ち上げて
回転させる
迫力はすごいものです。

現在は、
電信柱も地中化されましたので、

車山
が引っかかって
大変なことに・・・・

のようなことは
起こらなくなりました。

提灯も
以前は、
風邪が強くて
燃えてしまったことも
ありましたが・・・

今は、
本当に
安全面では
考慮されたものに
なっています。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ